優待株が減るのはさびしくもあり、ホッとする気持ちもあり

優待品って魅力的だ!

なのに優待株をどんどん手放し、優待銘柄は11まで減りました。

 

日本株からアメリカ株へ舵を切っているからです。

いっときは日本株が全体の95%を占めていて、IRジャパンの1銘柄を除いてぜーんぶ優待株。

毎月なにかしら権利確定するようにしていました。

優待品は家族と一緒に楽しめるし、家について品物が到着していたときの楽しさたるや!

 

が、

 

優待というのは天使にもなれば悪魔にもなりましてね。

何かというと、判断を狂わすことがあるってことです。

 

「この業績の見通しはさすがに潮時か・・」と思っても優待欲しさに気持ちが引っ張られて、様子見を選びがちなところがあったのです。

そのままホールドした結果、業績も株価も持ち直してくれたら結果オーライかもしれません。

 

けど、それって運に身を任せてお祈りするのと同じ状態です。

「優待があるからまぁいっか」は現実から目をそらしているなと。

 

優待はうれしいし長期保有の大事な要素ではあるけど、優待に目がくらむのは本末転倒。
気をつけねば足元すくわれます。

・・と言葉で言うのは簡単ですが、これって思った以上に難しいんですよ。
優待があるとどうしても気持ちが引っ張られます。

 

 

対してアメリカ株は優待がないことでドライな判断がしやすく、これが正常な状態だよなぁと感じています。

優待がなかっとしても、ブランド力があって業績が堅調、株価が底堅くて連続増配を続けてくれたら、その方が枕を高くして眠れますしね。

 

優待銘柄が減ってさびしい気持ちがありつつも、誘惑が減ってホッとする気持ちがありました。

そんなことからも、本来の投資活動からみてアメリカ株へ移行して正解でした。

 

残っている11の優待銘柄は含み益なので、これはしばらくホールドするつもりです。

転落してきたら手放してアメリカ株の資金にします。

 

・・・でもタカラトミーとサンリオだけは優待廃止まで手放さないけどね!

 

参考記事:分散投資からメリハリへ。重きをつける投資へ移行する