Yahooファイナンス(アメリカ)の英単語。指標編「Statistics」ページ

アメリカ株投資をするうえで大活用しているヤフーファイナンスの英語サイトですが、最初のころは英単語がまったくわからずチンプンカンプンでした。

でも主要な英単語をおさえるだけで、超絶便利なサイトへ一気に変わります。

今回はなかでも一番便利なStatisticsのページの英単語を紹介します。

ちなみに全単語ではなく、主要と位置づけている指標を取り出しています。

 

こちらは画面サンプル。
参照元のリンクが画面下にあるので、そちらを開きならが照らし合わせるとわかりやすいと思います。



Yahoo!FINANCE:VISA Statistics

先に少し補足があります。

  • カッコ内の「ttm」は直近四半期決算から12ヶ月
  • カッコ内の「yoy」は前年比の意味
  • 単位のBは、ビリオン(10億)

もう一つ。

英単語の数字の右上に小さな数字がついていることがありますが、これは注釈です。
「※1」みたいな意味と同じです

PC画面でみると右側に「Foot Notes」という補足説明があるのですが、これってスマホでみると見えないんですよ。
スマホオンリーの人だと「この数字の意味はいったいなんだあああ???」とモンモンとしてしまうため紹介しました。

主にデータの引用元が記載されていますよ。

ではいきます。

主要な指標一覧

左側

  • Market Cap (intraday) - 時価総額
  • Trailing P/E - 実績PER
  • Profit Margin - 純利益率
  • Operating Margin (ttm) - 営業利益率
  • Return on Assets (ttm) - ROA
  • Return on Equity (ttm) - ROE
  • Revenue - 売上高
  • Quarterly Revenue Growth (yoy) - 前年比売上高の成長率
  • Quarterly Earnings Growth (yoy) - 前年比利益の成長率
  • Total Cash - 現金
  • Operating Cash Flow - 営業キャッシュフロー

右側

  • Shares Outstanding - 発行株式数
  • Forward Annual Dividend Yield - 配当利回り
  • Payout Ratio - 配当性向

おまけ

  • 200-Day Moving Average - 200日移動平均線
    (株価の方が下なら下落トレンド?とパっとイメージつく)
  • Last Split Date - 前回株式分割した日
    (アメリカ株の場合は株式分割を狙っていないので参考程度)

自分で計算

もう一つ重要な指標で営業キャッシュフローマージンがありますが、これだけは自分で計算することになります。

営業キャッシュフローマージンとは、売上高に対して営業キャッシュフローがどれだけでているか?という数字です。

計算式はこれ。

Operating Cash Flow(営業キャッシュフロー) ÷ Revenue(売上高)

たとえばVISAだと、11.99B ÷ 20.03B = 59%

20%こえていれば相当いいので、VISAは異常なほどいいですねぇ。

超絶便利なのに無料。活用しない手はない

これらの数字をざっとおさえるだけで、ヘンな銘柄をつかまなくてすみます。
このページほんとありがたい。

アメリカ株投資のいいところは、こうやって情報がとにかく充実していることです。

どんどん活用しちゃってくださいね。

参考記事:アメリカ株の発行済株式数と推移を調べる方法