仮想通貨のVIBEがなんと!10 ・・分の一になった

1月に上場して以来、横ばいのときは買いだと集めていたVIBEがこのたび10分の一になりました。

VR・ARの仮想通貨。VIBE(バイブ)は期待できる?

テッペンで買った人なんて約30分の一ですよ。

もはや笑うしかない。いやでも100分の一じゃないからマシな気がします。

10分の一になった自分はどうするかというと、このまま放置。もともと数年売るつもりがなく買っているのでこのままです。

ヘッドギア装着しただけで期待先行

反省点もありますよ。やっぱりVR・ARということに対して期待先行で買い続けたことですね。

特にVIBEについては秋葉原でVIBE製のコードレス式ヘッドギアを装着したことがあるので、早く買っておきたいという思いが先行しました。

最初の打診買いはOKなのですが、そのあと買い集めていったのは見立ての甘さを感じるところです。

そもそもVR、AR自体がまだまだこれからなもんで、そのプラットフォームとなると広がるのはだいぶ先の話し。しかもそのときにVIBEがどうなっているかはわからないですからね。

まだまだ先のことですが、とにかくわからないので期待は残り続けています。この期待に対する結論は数年先です。

弱気相場のときこそよく調べてみよう

仮想通貨全体がひたすら下げる状態ですが、ブロックチェーン業界はまだまだこれから。

もしも今の弱気相場で損失を抱えていた場合、それがあきらめつくくらいの損失なら、保有したままその銘柄をまず調べてから判断していいと思います。

恐らく2017年12〜2018年1月の加熱相場で買った人は、その仮想通貨の中身なんか確認しないで買うパターンが大半なはず。

いまの弱気相場のあいだに、各種コインを自分なりに評価してもいいと思うわけです。

数年待つ

僕はVIBEを持ち続けます。

改めてホワイトペーパー読むとあまり期待できなさそうだったと思うところもありますが、VRやARが一般的に普及するまで待ってみたい。

最低でも通信速度があがる2020年を越えるまでは待ちたい。2020年は4Gから5Gへ速度が100倍上がるので、また新しいコンテンツが躍り出てくるでしょうからね。

そのときVIBEが新しい取り組みをするかもしれませんし、プロジェクトがなくなっている可能性もあります。そのときになってみなければわからないです。

保有していると自分ごとで観察していけるので、このまま保有していきます。

 

仮想通貨投資は数年待てるポジションがちょうどいいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)