米国投資のための英語学習:Twitterで英文を翻訳

 

アメリカ投資をする以上、英語を読めるようになりたいと思って英語学習をしています。

英語がさっぱりという状態でもアメリカ株投資はできますけど、個人的にはやっぱり英語ニュースやIR情報をサクサク読みたいですよ。

 

いまは英単語を増やしている途中ですが、同時に英語ニュースの見出しくらいは目を通すようにしています。

 

最初のころは英語ニュースの見出しを読んでいこうとしたとき、ヤフーファイナンスやブルームバーグ、CNNといった有名どころのサイトに行って読んでいました。

でも結局よくわからないもので、徐々にサイトに行かなくなることがありました。

 

というそんな自分にTwitterが役に立ったのです!

Twitterならザーっとみれて、気になるツイート内容の画面に入ればワンタップの翻訳機能があって便利。

 

たとえばYahoo Financeのツイートをみてみます。見出しが並んでいますね。

そしてツイートをタップして内容を見ると、「ツイートを翻訳」というリンクがあります。

ここをタップするとサクっと翻訳されます。

 

・・・まぁ、変な翻訳になることが多いですが・・・

 

それでも知らない単語が混じっているときは参考になります。

たとえばこのツイートで一番なんだろって思いやすい「acquisition」ですが、変な翻訳であるものの「acquisitionは買収って意味なんだな」というふうにサクっとつかめます。

 

正直いってこれがGoogle翻訳の方だったらもっとマシな翻訳だったんですけど、何もないのにくらべたらすごくありがたい。

いちいち翻訳しにいくのは面倒なので、タップしてすぐさま翻訳を確認できるのっていいです。

 

僕はヤフーファイナンス、ブルームバーグ、ファイナンシャルタイムをフォローしています。

ヤフーファイナンスは見出しが並びますが、ブルームバーグやファイナンシャルタイムは要約されるツイートがあったりします。

 

英語に詳しくなくてもアメリカ株投資はできますが、せっかくこの世界に入ったなら英語力も身につけていったらさらに楽しい世界が見れると思っています。

 

一石二鳥どころか一石何鳥にもなりえるので、投資と英語を一緒に取り組んでいきます。

 

参考記事:Yahooファイナンス(アメリカ)の英単語。指標編「Statistics」ページ