決算値動きで買いそびれる。買うなら指値より成行

宝印刷を買うべく指値を入れていました。
 
いつもは成行が多いのですが今回はギリギリに資金を入れていたもので成行注文できず、そのため前日終値の少し上に指値を入れました。
 
で、昼頃に「さぁ買えたかな?」と楽しみに見たところ・・指値はヒットせずに株価が急上昇!
 
想像以上の値上げだったもので買えませんでした。
 
くやしい・・成行しなかった自分にデコピンしたい。

追っかけ買いはしない

今回は追っかけ買いはしませんでした。
 
決算発表後の株価上昇だったのですが、その決算内容はというとプラスなものの売上4%、純利益2%という微増。
 
それに対しての大幅上げだったのでさすがに上げすぎと警戒したからです。
 
基本的に長期保有する気持ちがあって決算プラスなら、気にせず買えばいいスタンスではあります。
 
が、決算プラス内容に過剰反応するような暴騰は買い控えています。

買おうと決めたなら成行がいい

長期保有する気で買うにしても、買うそのときの株価がどうなるかなどわかりません。
 
特に今回は決算発表後だったので、なおのことです。
 
こういうときに買うと決めたなら成行がやはりいいと実感。
 
もちろん成行にした結果、約定してから下がることもよくあります。
 
でも長期保有する気で買ったならそれは許容できます。
 
むしろ買いそびれた方がつらい。

買いそびれたけど様子見を継続

さて、今日は買いそびれてしまいました。
 
でも引き続き買う気でいます。
 
想像以上の反応だった個人的に判断していますが、でも上昇トレンド中の宝印刷はこのまま上がってしまう可能性もあります。
 
 
果たしてどうなるか。
 
もしもこのまま安定するように上がってしまうならそのとき買います。
もしも調整入ったらそのときは喜んで買いたい。
 
なるべくタイミングで買わないようにしているものの、決算直後なのでしばし距離感つけて探ろう。
 
まずは明日どう傾くか観察することにします。