止まっていた英語学習を再開。英単語10,000語を目標にする

 

英語ができるようになりたい。英文をさくさく読めるようになりたい。
IRページやニュースをさっくさく読みたい!

 

そんなこと思いながらここ数ヶ月勉強をすっかりサボっていました。

それもサボったという意識がまったくないくらい、忘却の彼方に英語学習が消えておりました。

 

さて、こりずに再度英語学習を再び始めます!

 

何やるかというと単語をひたすら覚える。

 

多読やらシャドーイングやら英語は英語で覚えるんだといろいろ迷走していた時期がありましたが、いまはとにかく英単語を覚えるのがもっともいいという結論だけはあるんですよ。

僕がすべきはとにかく英単語を吸収することです。

 

今わかる単語数は1,500くらいじゃなかろうか。中学レベル?

こういうレベルだと多読したところで眠くなるだけだし、英語を英語で覚えようとしても効率の悪さがハンパない。
活きた英語を覚えなきゃ意味ないよなんて言っていいレベルじゃないのです。

おそらく5,000語くらいまで行かないことには、学習法も何もあったものではないと思う。

 

そんな僕が目標とする単語数は10,000!

なぜに10,000かというと、英文雑誌を楽しく読めるレベルだからです。

 

アルクに標準語彙水準を参考にしています。

アルク:レベル別語彙リストSVL12000

 

ということで、あいかわらず目標だけは大きく目指すことにしました。

 

ただしいきなり10,000は難しいので、まずは1ヶ月で基本の3,000語をしっかり覚えます。

そして6ヵ月間で10,000語を吸収することにします。

 

使う教材は、アルク「究極の英単語」と出る単特急「金のフレーズ」のiPhoneアプリにしました。

金のフレーズはTOEIC用になるのですが、とっつきやすい感覚があるので組み込みます。

 

英語学習は始めては止まってを何度繰り返したかわかりませんが、だからなに?ってもんです。

もうね、何度でも何度でも始めるのです!

 

参考記事:Yahooファイナンス(アメリカ)の英単語。指標編「Statistics」ページ