投資だけを頼みの綱にしない。一生稼ぎ続ける方法を模索する

株投資のおかげで配当や優待をもらいつつ含み益による資産増加の恩恵を受けています。
 
これからもどんどん取り組むわけですが、でも投資だけを頼みの綱にはできないとよく思います。
 
おそらくは株資産が何億になったとしても、そんな豪華な暮らしはできません。
 
できないというか、しようとしないはずです。

投資には資産が減るリスクが常にある

投資は常にリスクを負っているので、突然の暴落や景気後退によって資産が減る可能性はいつでもあります。
 
そんなことをよくよくわかっているので、なかなか贅沢する気にならないんです。
 
もしもデイトレで急激に稼いで数十億円とか駆け上ってしまったパターンなら、贅沢しながら人生楽勝モードで暮らすかもしれません。
 
でも長期投資でじわじわと資産を増やしていく投資家ならそうはならないでしょう。

豊かに楽しく暮らせるのは自力で稼げる人

身近にお金まわりのいい人がいるのですが、こういう人たちは投資家でなく事業家です。
 
いつでも自分の力で稼げるのでお金まわりがいいんですよね。
しかも定年がないので生涯にわたって稼ぐことでしょう。
 
投資方法がある程度確立してきたならば、投資だけの資産拡大にこだわらず生涯にわたって稼げる方法の模索も大切だと感じています。
 
そういう力がつけば心に余裕がさらに生まれ、投資との距離感も健全に保てます。
 
暴落でアワアワ焦って狼狽売りなどせず、むしろ喜んで買い増ししちゃうことでしょう。

投資は資産拡大のための手段の一つ

株式投資は人生のなかで重要な位置づけですが、とはいっても資産拡大のための手段の一つでしかありません。
 
投資は夢と希望をたくすものではなく、適度な距離感を保ってたんたんと続けるもんです。
 
だからこそ他に自力で稼ぐ力を身につける努力も必要ですね。
 
ちなみにサラリーマンは会社の看板で仕事をしているので、どんなに出世しても自力で稼ぐといえません。ある程度のラインで生活できても豊かに暮らすことはできない。
 
あげくに定年がきたら強制終了。
 
なので、サラリーは期間限定のインカムゲインと割り切っています。

自力で稼ぐための試行錯誤を続ける。あきらめない

僕はネットで稼ぐことに興味があって試行錯誤中です。
 
センスがないので遠い道のりになるでしょうけど、あきらめず探究し続けます。
 
株式投資だってあきらめずに試行錯誤して数年かけて方法が確立しました。
その経験があるので、自力で稼ぐことについてもあきらめずに取り組むのです。
 
自力で稼いだお金も使って株を増やしていき、優待配当生活をさらに楽しんでやるんだと決めています。