マッカラン12年と過ごす贅沢なひと時

ウィスキー好きになって数週間、いろいろ調べていると何かと目に止まるウィスキー
 
その名も「マッカラン12年」
 
飲んでみたくなりました。
 
 
でもなかなか見つからず…そんなときにたまたま入ったスーパーで発見。
7000円が6300円のお得プライス!
 
「え、買っちゃおうかな、、どうしよう」とお店を2往復。
ネットで調べてみるとどこも6500円くらい。これならお得じゃないか!
そう自分を納得させて思いきって買いました。
 
(・・実は税別表記だった。税込で6800円だったというオチですが、それはもうよしとします。)
 
ドキドキしながら落とさないように持ち帰りました。
 
  
ゴージャスぅ!
 
わくわくしながら取り出します。
 
 
 
かっこいいな~
大人レベルが5ぐらいアップした気分ですよ。
 
早速注ごう。
 
 
  
いや~、色味がしっかりしていて高級感があります。
すごく贅沢してしまった感。
 
いい香りがします。
じっくり香りを味わう、、間もなく「早く飲みたい!」という衝動にかられて早々に飲みました。
 
 
ブワッと味が広がったあとに後味が残ってきます。
 
この後味…なんと表現してらいいのだろう…?
雨に打たれて少し朽ちた木のような味?食べたことないですが。
 
それかホームセンターの工具がたくさん置かれている空間に漂う香りのような・・
褒めてるように聞こえない表現だな。
 
え~っと、うまく例えられません。
 
とにかく引っかかりのある、癖を感じる後味。
これが樽から醸し出される味なのかな。
 
最初はだいぶ口に残るなと思いましたが、飲み続けるうちにやめられなくなっちゃいます。
あと一口、あと一口って。
 
口当たりがまたなめらかですね。
 
 
 
今度は氷を入れて溶けてきたとこで飲んでみます。
 
おお、僕はいま森林にいる・・
 
森林浴をしているかのような香りを感じます。
 
ストレートもいいけど、少し氷が入る方が香りが伝わりやすくなる気がする。
ひんやりするし口当たりがさらに丸みを帯びます。
 
ロックで飲むのが特に美味しく感じました。
 
いやー、ウィスキーってすごくいい。
 
  
氷が入ったウィスキーの風貌たるや格好いい。
 
これからお酒はウィスキー。
ウィスキーと生きていきます。
 
なお、お酒が好きになったのは今年からです。
おんとし38歳、遅咲きです。
 
たまらんです。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)