北の達人2019年2月期中間決算。予想値を下回るもホールド続行

おもしろいをカタチにして世の中をカイテキにする達人集団「北の達人」が2019年2月期第二四半期決算を発表しました。

北の達人 平成31年2月期第2四半期決算短信

 

結果は事前会社予想の経常利益11億800万円を下回り、9億5,400万円でした。

ただし前期の第2四半期決算と比較して経常利益は147%も上がっています。

純利益も149%増とだいぶ上がっています。

 

そして通期予想は経常利益も純利益も73%増の予想。

一般的に見たら、いわゆる好決算なんですけどねぇ。

 

夜間取引をのぞいてみたら、株価がいっとき下げていました。

その後は微増に持ち直したりですが、反応はだいぶ薄いです。

夜間取引は取引量が少ないのでたいして参考にならないものの、爆発好決算のときは思いっきり上げます。

となると、この反応を見るにしらけている人が多そうだなぁと感じています。

 

北の達人については期待先行感が高いのもあって、世間一般でいう好決算でもこんな反応になっちゃうのでしょうね。

加えて発行株数が1億4,107万株とジャブジャブ感がでている要因もあります。

 

北の達人は新しく買い増しはしませんが、高成長といえる状態なので楽しみにしています。

 

新商品は2つ投入されています。

  1. 洗濯洗剤「リモサボン」(衣類にペットの毛がつきにくくし、ついても取りやすい洗剤)
  2. エイジングハンドケアクリーム「ハンドピュレナ」(手肌にふっくら実感)

 

ペットは特にニーズが高そうですね。

新商品をつぎつぎ投入していくので、またスマッシュヒットする商品が誕生してほしいものです。

 

これからもホールド継続しながら見守りますよ。