ジャパンミートがもう一段上を目指す動き

肉のハナマサを展開するニッポンお肉ことジャパンミート。優待では鶏肉2kgのカタマリが話題になる銘柄です。

 

そんなジャパンミートがもう一段上を目指す値動きになっています。

 

3月13日発表された第2四半期決算では売上・利益とも6%ほど上昇のじわ上げです。うん、なかなかいい。

買いどきと判断

話題の優待と値動きの兼ね合いから買いどきと判断中。

優待は一単元の100株で2,000円相当の大量のお肉がもらえる。7月が権利確定月ということで、あと4ヶ月。権利月に向けて上がる傾向がありますからね。さらに決算もじわ上がっていることもあり、買う機会が到来したとみています。

期待している理由

数値と値動き以外にも期待している要素があります。

従業員数が増加している

2016年7月は830名、2017年7月は1023人と増加しています。これはIRの有価証券報告書から確認できます。従業員数が増えているかどうかは大事な要素の一つとしています。やっぱり伸びている企業というのは従業員数も増える傾向にあるんですよね。

平均年齢が36歳

活力のある年代が平均年齢。ちょうどよいところです。

オーナー企業

境氏の一族で47%ほど占めています。オーナー企業はサラリーマン社長と違ってパワーが違う。なんせ自分ごとだから!

優待目的に買ったけど将来が楽しみ

もともと初めて買ったきっかけは肉ほしい。銘柄目的で買いました。

こうして改めてみてみると期待できる要素がたくさんあって将来が楽しみです。東証2部から1部への昇格、業績アップによる株価上昇、株式数は2667万なので株式分割も期待。

まずは今年の優待を楽しみにすることにします。でも去年もらった鶏肉2kgがまだ冷凍庫にありますけどねええ

企業数値

二部 3539 ジャパンミート
株数:2667万株

【経営】
ROE:13%
営業利益率:3%
自己資本比率57%

【優待・配当】
優待:7月・100株で2000円相当から
配当:20円
一単元優待+配当利回り:2%

【株価】
終値 1,914円
PER 19倍

(2018年3月20日時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)