アイアールジャパンが東証一部に昇格。四季報の解説が的中

順調です。東証二部のIRジャパンが東証一部への昇格を発表しました。

さらに四季報の解説が的中した状態です。

「株式2分割し流動性向上、東証1部上場へ布石か」と書かれていますね。

四季報の解説は要点がコンパクトにまとまっていて便利。

もちろん全てが当たるわけではないけど、チラっとでも解説に目をとおすと発見につながります。

 

 

さてさて、昇格が実現されたことで楽しみが一つ減りました。

今後期待するのは「連続増配」「もう一回の株式分割」「優待実施」です。

 

いまの株式数は1,859万。

株価が上がっていけば再度の株式分割が期待できる株数です。

 

IRジャパンは上場企業向けビジネスなので、一般消費者向けサービスと違って業績と株価が爆上げ!なんてことは期待できないと思っています。

逆に堅実にじわじわと業績が伸びていく点においては安心感があります。

そして増配もしています。

そういったことから長期保有に適した銘柄になっています。

 

さらにここでいっちょ株主優待を実施してくれたらうれしいですね~。

そして優待取得に長期保有条件や、継続保有メリットを用意してもらいたい。

いろいろな角度から長期保有にピッタリな銘柄になってほしいと勝手に期待しています。

参考記事:着実に伸びるアイアールジャパン。ビジネスみて握力が強化