iPhoneのバッテリーを交換!交換にかかった時間と効果は?

 

2016年1月に購入した「iPhone6S plus」をいまだ活用していますが、いかんせんバッテリーの無くなりかたが早くて困っていました。

 

ひどいときはアプリのアップデート中に2秒で1%ずつ減っていったことがあります。
バケツに穴が空いているがごとく減っていきます。

ほかにも、残り2%になったとき妻に「そろそろ落ちそう!連絡とれなくなる」とLINEで教えようとアプリを起動したとたん落ちたり・・

 

そんな状態だったのでバッテリーを交換しなければとつねづね思っていました。

 

2018年中なら税込3,456円で交換できますが、そんな2018年も残り2ヵ月近くまできてしまいました。

ということで、ついに踏み切りました!

難関は予約だ!

交換するには予約をとる必要がありますが、これがまぁ予約いっぱい。

 

iPhoneアプリの「アップルサポート」から予約が取れるのですが、これは一週間先までの間しかとれません。

席が全然あかずに3週間くらい経ってしまって「年内はもうムリか」となかばあきらめぎみに、、

 

そんななかアップルストアの新宿店にいく機会がありました。

店員さんに予約相談をしたところ、店舗からだと一週間よりも少し先の予定が取れることが判明。

ということでお店で予約とりました。

 

予約は水曜日の13時40分に決定!

ついに交換日

交換にどれくらい時間がかかるかは当日にならないとわからなく、日をまたぐこともあるようです。

最悪その覚悟はもっていきました。

 

で、当日。16時に完了するとのこと。

 

13時40分から手続きして実際に預けたのが50分くらいだったので、作業時間は2時間ちょっとということでした。

日をまたがなくてよかったです。

 

ちなみにここで衝撃だったことが一つ。

 

バッテリー診断結果が81%で合格ライン。

合格ダト!!??

 

あんな速度でバッテリーがなくなっていくのに合格状態とはなんぞ。

ということは、交換してもあまり改善されないってことか?と不安になる・・・

結果に期待しすぎない方がよさそうだと思いながら、交換をお願いしました。

無事バッテリー交換完了。さて結果は

待ちに待った16時。

 

バッテリー交換が無事終わったと聞いてまず安心します。

買った当時に戻れるのかな~という期待もあってウキウキになりました。

 

さて、結果はどうか?

まず、体感的に処理速度が上がったように思いました。

前よりサクっと動く感じがあってうれしい。

 

さぁ、かんじんのバッテリーの状態はどうでしょう。

手元に戻ってきたときは残量10%でした。

 

これがですね、15分触っていたら10%から5%減って5%になりました。

 

正直、減る速度がほとんど変わってないよこれ・・って印象です。
返りの電車のなかで遠い目をしてしまった。

でも

交換しないよりマシな感じはしています。

 

これが1万円くらいかかってたら不満タラタラでしたが、3,500円くらいなら受け止められます。

 

まだまだiPhone6S plusを使う気でいるので、思い切って交換してよかった。

これでまたダメになったら、そのときはあきらめて機種変更するかなと。

 

そういえば2019年になるとバッテリー交換代が5,000円台になってしまうようです。

交換するつもりでいるなら、2018年中に交換してしまうことをオススメします!