イデアインターナショナルのカタログ優待が魅力的。株を買い直したくなるけど我慢

イデアインターナショナルの優待が魅力的で困っています・・

何が困るって、アメリカ株へ身を移動しているのに優待ほしさに日本株をまた買いたくなっているからです。

 

100株でも9,000ポイントももらえるということで楽しみにしていた優待カタログが届きました。
9,000ポイントもあれば選択幅が広いので、100株からでもかなり楽しめちゃうんですよね~

商品紹介の最初のページです。1000ポイントから選べる商品がたくさん。

ゴールドのトランプカード!?(右上)

 

イデアインターナショナルの押しはBRUNO(ブルーノ)というブランドで、9,000ポイントちょうどでもらえる商品があります。
それがこのコンパクトホットプレート。

おまけで一番お高いページはこちら。
最高は36,000ポイントです。ここになると1,000株必要。

 

そして申し込みは便利にwebでできます。

2018年10月9日から専用サイトで始まって、12月27日17時までに申し込む必要があります。

優待が魅力的だけど買い直しは我慢だ

この優待は魅力的です。楽しい!

2018年9月末の株価は972円ですから、優待利回りだけで10%近い状態です。

 

業績も好調!売上も利益も伸びています。

GMOクリック証券

キャッシュフローをみると積極的な投資姿勢がみえてきます。

GMOクリック証券

さらに発行株式数は1,417万株という状態なので、またの株式分割が期待できる。

さらにさらに株主還元に前向きなライザップグループであることも期待が膨らむ要因になっています。

 

そんな魅力のあるイデアインターナショナルですが、気になるのが割高であることと月足チャートです。

PERは55倍で、GMOクリック証券の株主価値でも割高状態。

GMOクリック証券

加えて気になるのが月足チャート。

 

積極的に買う気になれない。

 

移動平均線にタッチしたところではありますけどね。
ちなみにこれは24か月移動平均です。楽天証券の初期設定のままです。

 

じっくりチャートをみてしまうと「出来高が減ってきているから売りはそんなに出ていないようだ=大丈夫そう」とか「移動平均線にタッチしての陽線ローソクだから大丈夫そうだ」とか、買いを納得させる考えが頭の中にでてきます。

 

チャートの落とし穴は、じっくり見るほど自分の取りたい行動を納得させるように見はじめてしまうところ。だからここはパっと見たときの判断を大事にする。

 

で、最初の感覚としては「この月足チャートは上向きじゃない。やめとこ」です。

8月に損切りしたときもそうだったので、この気持ちを取ることにします。

 

我慢できました。

うーん、優待の魅力がすごかった・・

 

もしも買うとしたら700円台にするか、チャートが安定してからにします。

 

あせらず今回の優待を楽しみつつ、いまいまの買い直しは我慢だ。

 

参考記事:株銘柄の選び方:サラリーマン向けの中長期投資編