ソニーのコンパクトデジタルカメラRX100M6は接写もいける!

物欲にぐいぐいおされてRX100M6を手に入れちゃいました。

 
 
今までニコンの一眼レフD5500を愛用していましたが、いかんせんかさばって外に持ち出さなくなっていたんです。
 
たまにもらう優待品の撮影オンリーという、宝の持ちぐされ状態。
 
 
 
 
そんなとき知ったソニーのRX100M6。
 

 
コンパクトなのに望遠も強化されて、24-200mm F2.8-4.5 という高倍率ズームを搭載したカメラ。
さらにタッチパネルも搭載されたということで、これあったらすんごく便利そうだな〜と物欲が膨らんでいきました。
 
 
 
しかしまぁ、いかんせん金額が高い。
 
13万円ですよ。コンパクトデジタルカメラが。
 
 
 
VISA株を増せるじゃんと思って迷っていたんですがね。
 
 
「あんなことできそう、こんなことできそう、ほしいほしい・・・」
 

動画もいけるで。
 
 
もう思い切って買うことにしました。
 
 
 
買うにあたってはニコンのカメラやレンズ、タブレットやら売って実質4万円でゲットできたのですが、ちょいと話しがずれるのでまた別記事にします。
 
 
 
 
さぁ、思い切って手に入れた感想は・・大満足!
 
 
 
 
と、今でこそ叫べるものの、手に入れた初日はそうまで思っていませんでした。
ちと早まったか・・と思ったくらいです。
 
 
なんでかというと、思った以上に寄れなかったから。
 
 
最短距離が8cmなのです。
これだと寄れてこの状態。
 
 
う〜ん
 
画像加工して切り取ればよさそうですが、背景をもっとボカすならもっと寄りたい。
 
 
これならM6という高額な最新機種じゃなく、半額のM3でもよかったんじゃないか・・・と思ったのでした。
 
優待品を撮ったり小物を撮ることが多いですからね。
 
 
 
そんなときネットでありがたい情報をゲットして状況が一変。
 
 
 
「50mm前後が一番寄れる」
 
 
 
 
そ、そうなのか!!!
 
 
 
さっそく試してみました。
 
 
 
50mmまでズームさせてピントがあうギリギリまであわせてみたら・・・・
 
 
寄れた!!!!
 
 
この写真、トリミングしていませんよ。
 
 
 
 
がぜん楽しくなって、今度は単体ごとに撮ってみる。
 
豚さんの入っている箱の大きさは1.6cm角ですが、さぁどうなるか楽しみ。
 
 
パシャリ
 

間違いない。寄れるわこれ。

寄れるわこれ!!

 

なんならクマモンカーについちゃってるホコリまで見えます。

これだけ寄れたら十分。背景もばっちりボケている!大満足です。

 

コンパクトなうえに200mmの望遠もあるし寄れるしで、これ一台あればOKってなりました。

良き相棒となったRX100M6にはこれから大活躍してもらいます。