まさかは起こる!骨折から株投資の姿勢を見直す

ろっ骨を折りました。

しかも半年前に折った箇所と同じという…

草むしりするなかで低木を引っこ抜こうと力んだら「ボキッ」

ほんとに音が鳴るんですよ。

音を聞いた瞬間「あーやっちまった」とガックリ。草むしりで骨折する自分がせつない。

身体を丸めるという体勢が悪かったようです。

まさか草むしり中に骨折するとは
まさか同じところを骨折するとは

「まさか」は意外に起こる、と身をもって実感中です。

投資も同じ側面がある

投資も同じことが言えるんですよねぇ。

上昇相場が続くと暴落のことなど忘れてついつい強気になったり、資金ができると銘柄選定ルールから外れる株を興味買いしたくなったりします。

そんなことを続けていると、ある時いきなり叩き落とされたりするわけです。

まさかは起こると考えて、暴落時でも握り続けられる主軸の投資ルールを今一度おさえます。

ちなみに、むやみに暴落を恐れて買わないという考えはありません。現金比率を高めようとは思っておらず、これからも買い続けます。

いましめるのは銘柄選定基準から外れる興味買いの部分。

基準から外れる銘柄なにかというと、ただただ大きく値上がりそう!という興味買いのことです。

この興味買いは全体資金の5%以内を目安にします。

あくまで主軸となる投資「長期に渡って利益を出し続ける可能性が見込める株、そして株式分割が期待できる株」をしっかり増やしていくことにします。

2度目の経験は対応が早い

骨折の話しに戻りますが、そういえば2度目の骨折だったもので対応は早かったなと。

半年前につけていたコルセットを急いで引っ張り出し、仮面ライダーベルトのごとくバシッ!と装着しました。

骨を折った直後はわりと平気だったりするのですが、2、3日後に痛みが大きくなるのを経験しています。

なので油断せずすぐに固定して安静が一番!

そういえば今回困ったのは夏ということ。コルセットをつけるとだいぶ蒸れます。かゆい。

うーん、治すためには仕方ないのでとにかく固定するしかない。

医者行くのは少し先になりそうです。

それにしてもケガをすると健康の大事さを痛感するんですよねぇ。この想いを忘れないようにしたい。

まぁ治ったらやっぱり忘れるんですけどね!いやはや。