ETFのCSVファイルを手に入れる。好きに加工できて楽しい

加工前の生データを手に入れるとウキウキします。

たとえばセクターETFの生データ(CSVファイル)を手に入れて、Googleスプレッドシートでこんな騰落率グラフを作りました。

S&P500のSPYと、スパイダーのXL10種の比較です。

市場平均よりも強い業種はどれかな、弱い業種はどれかな、なんてことがわかります。

 

これに近しいグラフはいろんなブログで紹介されています。
「それならそれ見ればいいじゃないか」って思われるかもしれませんが、眺めるしかできないのが個人的にモヤモヤするんですよねぇ。

「比較対象を変えたいんだけど!」って思っても手が出せませんからね。

 

なので僕は加工前データがほしいんですよ。

それを好きなように料理するのが楽しいですし、作成されたグラフに対する納得感も大きくなるんです。

同じような人はいるでしょう!

ETFの価格ならCSVファイルを手に入れよう

値動きのCSVファイルがあればいろんなことができます。

ETFのCSVデータもさっくり手に入りますよ~

 

どこで?
ヤフーファイナンス(アメリカ)で手に入ります。

 

ここでもヤフーファイナンスが登場!
ホントすばらしい。なんて便利なんだヤフーファイナンス。

 

たとえばXLK(テクノロジー)の価格データページはここです。

Yahoo FINANCE – XLK – Historical Data

 

「Time Period」で期間が設定でき、「Frequency」で日足・週足・月足が選択可能。

右下の「Download Data」をクリックすればダウンロードできます。

スプレッドシートでグラフをさくっと作る

CSVファイルをダウンロードしたら、Googleのスプレッドシートで加工しています。

先に紹介した棒グラフはこんな形で表を作ってグラフ化しました。

騰落値と騰落率は自動計算です。

①騰落値:2018/9/26終値 - 2017年末終値
②騰落率:①騰落値 ÷ 2017年末終値 ✕ 100

これで表はサクッと完成です。

代表銘柄は参考までに上位を抜き出しました。

データは過去のものだけど、分散投資の点検にも活かせる

できたグラフをどう投資に活かすかですが、セクターETFの場合は景気状態をつかむことと分散投資に役立てています。

ここで再度グラフを掲載。

グラフで目立つのが一般消費財やテクノロジーのパフォーマンスの高さ。
そして生活必需品の下げ状態です。

景気がいいときにこういう現象が出てきますね。

 

そしてセクターの状態を参考にして分散投資の点検に活かします。

銘柄構成のバランスを確認して、こっちのセクターの銘柄をもう少し増やそう、なんて調整したりしています。

 

順調なセクターばかりを追いかけると、比重が偏りがちになって相場に振り回されるようになります。

対して生活必需品セクターの代表、コーラやP&Gは実際しぶい動きをしていますが、これが景気後退ではなかなか底固い動きもします。

ここらの攻守のバランスを取るように調整をかけます。

 

 

定期的にこうやって生データを手に入れて加工して確認するというのは楽しいです。

せっかくCSVファイルが手に入る状況があるので利用しない手はない。

自分の手を入れてみると、いい発見があるかもしれませんよ~

 

参考記事:セクターETFと組み入れ銘柄を知りたいなら「ETF.com」