区分所有を売る人が増えてきた。不動産銘柄は買わない

不動産オーナーと話す機会がよくあります。

今年に入って見かけるのが区分所有部屋の売却。区分所有ってのは、シンプルに言うとマンションの一室のことです。

 

不動産投資のベテランさんは、10年前のリーマンショック後の底値で買っているんですよ。すんごい!あの時代の自分といえば、投資とは無縁の人生を歩んでいました。

そのベテランさんが今年がもうヤマだからもう売る。売ると決めたら早く売ると言ってました。で、実際に買い手が見つかって売却が決定してます。

売却値は10年前買った金額の約2倍。しかもその間に家賃収入があったわけですよ。すばらしい。

今がテッペンなのかは後になってみなきゃ分からないことですが、そう判断する基準を持っていることがいいですね。

 

僕はというと不動産投資は嫌いなのでしません。

不動産投資って正直ババ抜きなんですよねぇ。もしも土地評価が上がっても建物は年数を重ねると修繕が発生しやすくなる。家賃も下がっていくのが一般的。そして家賃下がるとタチの悪い人が入居する確率も少しずつ上がっていきます。おまけに入居者が守られすぎてて、滞納者にも気を使わなきゃならん始末。資産額は大きいけど現金がほとんど残らない状態になっていきます。こうなる前にいかに手放すか。

僕はクレーム対応が超ストレス。かといって管理会社に任せるにも、任せっぱなしにしてたら儲かりませんよ。サブリースなんてそれこそ儲からないですからね。サブリースでがっつり稼げる場所ならサブリースしない方がもっと儲かります。家賃保証につられないでください。

ハウスメーカーは契約取りたいがために高い家賃を提示してきますが、相場より高すぎたら数年後に値下げ交渉されます。値下げ交渉するのは管理会社ですが、その管理会社もハウスメーカーの被害者みたいなもんです。オーナーも管理会社もかわいそう。

ということで、僕は不動産投資を避けています。性格的にもストレスたまってダメです。

 

株を買う場合でも不動産銘柄は基本的に避けます。でもこれ、高収益や高配当でスクリーニングすると、不動産銘柄が結構ヒットしてくるんです。

不動産投資銘柄を買って儲かる人もいるので、これは人それぞれの投資判断で何が正解ってわけじゃないですよ。でも僕は僕なりの見立てや基準があって、その結果不動産銘柄には手を出さないスタンスを取っているわけです。

そういえば迷走中だったときはなんでも手を出していました。この業態は避けようといえるものがあるかどうかは、自身の投資スタンスが確立しているかどうかの一つのバロメーターになるなと思います。

もしも投資法を模索しているなら、業種をいくつか絞ってみましょう。自分が判断しやすい業種、例えば小売や食料品などに絞ってみるとか、逆にこの業種は意味不明だから手を出さないとか。ある程度絞っておくと自身との相性を検証しやすくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)