配当狙いの投資なら「増配率」をチェックしておきたい

配当狙いで投資をするうえで、増配率のチェックをするようにしています。

 

ためしに高配当で取り上げられるAT&Tと、配当利回りの低いVISAを比較してみます。

※情報の参考元は「The DRiP Investing Resource Center
 参照しているデータは「U.S. Dividend Championsのスプレッドシート

 

まず、それぞれの配当利回りはこのとおり。

【配当利回り】

  • AT&T:6.1%
  • VISA:0.7%

 

かなり違います!
配当投資するなら、どう見たってAT&Tの方を選びます。

 

では増配率をみてみます。この2社は大きく違います。

【増配率(2017年 vs 2016年)】

  • AT&T:2%
  • VISA:17%

 

さて、仮にこのままの増配率だったとした場合、配当利回りが10%にのるのは何年先になるでしょうか。

 

【経過年】

  • AT&T:25年
  • VISA:17年

 

VISAの方が早く追い抜きました!

 

もちろん増配率は変動するものなので、年々下がる可能性はあります。

ただ、今のところVISAは2009年に配当が始まって以降、増配率が17%を切ったことがないです。

しかも配当性向が18%と低い状態。

これは営業キャッシュフローマージンが55%という驚愕するほど高い裏付けがあるので、まだまだ高い増配率を期待できると見ています。

 

配当狙いをするのであれば、増配率もぜひ知っておきたいですね。

アメリカは投資情報が実に充実していてありがたいです。

 

 

おまけ

連続増配の有名どころコカコーラは28年かかります。
(利回り3.4%、増配率4%とした場合)