覚えておきたい伸びる株の業績推移パターン

どこかで跳ねあがる可能性のある業績推移パターンを1つ紹介。

  1. 規模拡大(売上増加)がいちじるしい
  2. 営業キャッシュフローががっつり増加している
  3. 積極的に投資している

この3つの組み合わせです。

例えばこんなグラフ。

銘柄の印象に引っ張られないように銘柄名をあえて伏せています。

推移をみると2017年が特出していて、その2017年にこの銘柄は1年間でテンバガーとなりました。

サラリーマン投資家が資産を増やすには、こういう株も組み込みたいものです。

ターニングポイントとなる変化

2013年まではずるずるときていましたが、2014年に変化が。

売上が60%も伸びていて、さらに営業利益は2倍以上、純利益は3倍以上となりました。

さらにキャッシュフローも大きく変化があります。営業キャッシュフローがぐんと伸びて、投資も増加。積極攻勢の変化がみえます。

このとき株価は反応して約3倍になっています。

株価自体はその後2017年1月までほぼ横ばい。
そして2017年2月に再び株価が上げ始めて10月にテンバガーとなりました。

このテンバガーは2017年の8ヶ月間での伸びという大暴騰でした。

2014年はじめてに買えていれば約30倍となったわけですが、2014年の数字が確認できるのは2015年になるわけでそれは無理ですね。

それでも2015年に買えていれば2017年のテンバガーを経験できたことになります。

企業姿勢の変化に気づき、買って待つ姿勢

やはり変化に対して「おやっ?」と反応できるかどうは大事なことだなと改めて思います。

ただし大事なのは、そういう変化があってもその後2年ほど横ばい期間があること。
握りつつ待つという姿勢を忘れてはいけませんね。

なお、ターニングポイントとなる変化に気づくためには2年・3年という短さでなく、できるだけ長期の10年範囲でみたいもの。

10年でみるとその銘柄の性格もみえてきておもしろいですよ。

 

ちなみに今回の話しの銘柄は何かというと・・・

 

「ペッパーフードサービス」です。

本日2018年7月30日に第2四半期決算発表があり、前年四半期比で売上81%伸びという好決算でした!