営業キャッシュフローを重視するきっかけになった本

銘柄分析をするうえで営業キャッシュフローを重視しています。

営業キャッシュフローは現金の増減がわかるため、ごまかしにくいからです。

この重要さを知るきっかけになったのがマーケットハックを運営する広瀬さんが書いた本。

 
アメリカ株の投資本としてかなり有名で、アメリカ株ブログで紹介されていることが多いですね。
 
 
世界一わかりやすいという文句が入っているように実際読みやすくてタメになります。紹介されている分析内容が使いやすくて自分の投資に取り入れやすいからです。
 
文体も真面目で硬いものではなく、要所要所でパンチある単語が登場するのも読みやすさにつながっていますね。投資家を凍死家と表したりとか、ズバズバ切っていく言い回しです。
 
Kindleで購入しているので、出先や電車の中でことあるごとに読み返しています。
 

営業キャッシュフローは●●より高いこと

 ●●はあえて伏せました。この視点はこの本が初めてで、それまで意識しなかったことです。
 
企業の現金の増減がつかむのって大事ですね。なんせ現金がなくなったら倒産しますから。
現金の増減をみておけば「見た目は黒字なのに倒産しちゃった」なんて銘柄を避けることにもつながるでしょう。
 

本から得られるものは大きい

投資で勝っている人は本なんか出さない、だから巷に出ている本なんか読んでも役に立たないという声を聞くことがありますが、いやいや、それって浅はかです。
 
本から得られるものは大きいです。
 
確かに参考にならない本もありますが、自分が投資経験を積むのと並行していろいろな本を読むと「この著者は本当に経験したことを書いているな」「この著者はほとんど実践していない。セミナーや何か売るために書いているな」くらいの判断はできるものです。
 
もう一つあるのは、読み手と書き手の投資スタンスの違いによるものが原因だったりします。
 
1冊の本から何か1つ得られたら儲けものですよ!
 
 
長期投資となるとどんな銘柄を持つかが大事になります。
これからもいい本との出会いを重ねながら、見る目を強化していきます。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)