連休のアクアラインは渋滞対策が必要!

ゴールデンウィークに千葉県にあるマザー牧場へ行きました。

東京の多摩地区から出発して、アクアラインを通って途中の海ほたるでも寄っちゃおう♪
なんて考えていたわけですが打ち砕かれました。

渋滞がヤバい。海ほたるに寄るどころではなかった。

連休なので渋滞はもちろん想定済みで、朝7時前に出発したのですが今思えば出発も遅すぎました。

出発するときの想定時間は有料道路で1時間50分だったのが、結局4時間かかりました。

とにかくアクアラインに乗るまでが地獄

渋滞が始まるのは、首都高速湾岸線の羽田空港を過ぎたところからです。
そして、アクアライン方面と横浜方面の分岐するところまでが地獄です。

5分で1メートルくらいしか進まない。途方もない不安にかられます。

しかもただでさえ車の量が多いのに、割り込みがひどいんですよね。
3車線あるうちの一番左車線が行列車線なわけですが、2車線目を走る車が先の方で3車線へ割り込んできます。

特に勘弁してほしいのがアクアライン方面へ向かう分岐地点での割り込み。ずるいデス!

ビュンビュン通り過ぎていく2車線目の車の割り込みを先の方で全部消化するわけなので、マジメに並んでいる左車線の大勢が迷惑をこうむっています。

アクアラインに入りはじめば流れるので、そこへ行くまでが大変です。

きつい、とにかくきつい

そして何よりきつかったのが、おしっこ漏れそう

これ結構深刻で、子供用に常備していたエチケット袋を念のため開封しました。
なんとか耐えられたのですが、ここ通過してアクアラインに入るだけで1時間30分くらいかかりましたよ・・

いつもならこんなにきつくないと思うのですが、先の見えない大渋滞が不安をあおる。
加えて、コーヒーがかなり効いている。

ええ、いつもドライブのはじめにコーヒーを飲んでいます。この旅の始まりが好きなんですよね~
でも今回の大渋滞とコーヒーの利尿作用の組み合わせはかなりきついかった。

冗談抜きで緊急用のトイレグッズを用意しておくべきだったと思いました。
使わないで済めばそれでいいですが、耐えられなくなったときは悲劇です。

いつでもできると思えば気も楽になりますが、いつ終わるかわからない状況で耐え続けるのは精神と膀胱にこたえます。はい。

帰りも同じようにアクアラインに入るまで大渋滞

帰りは多少マシだろうとタカをくくっていたら、帰りも同じように大渋滞でした・・・
結局これも行きと同じく4時間かかりましたヨ

そもそも連休にアクアライン通ろうとするのが無謀でしたねぇ。

連休にアクアラインを通るなら準備を!

混んでいるのは覚悟でアクアラインを通るのだ!というのならば、とにかく少しでも安心して過ごせるように準備しておいた方がいいです。

  1. 飲み物
  2. 緊急用のトイレ
  3. エチケット袋

一番の準備はとにかく早い出発

なんでもそうですけど、とにかく早い出発が吉ですね。出発が遅すぎました。

6時台にはアクアラインを通れるくらいの計画で、そこから逆算して出発時間を決めておくといいです。

編集後記

そんな交通状況でしたが、マザー牧場は楽しかったです!

子供もうれしそうに駆け回ってましたし、ひつじや陸カメをヨシヨシしていました。
花を見たり子豚レース見たり、やっぱり自然と触れ合うのっていいですねぇ。

渋滞も終わってしまえばひとつの思い出です。
とはいえ渦中にいるときはマジでツラいので、今回は渋滞の方をメインに取り上げました。

皆さんも連休にアクアラインを通るときはお気をつけを!